家出人妻の姑に対する苦労とは一体どんなもの?

  • 投稿日:
  • by

やはり多いのは嫌み、妬みに対しての対応ではないでしょうか。家出人妻が夫、子供にする事に対し、いちいちうるさいようです。
確かに昔からこの嫁姑問題というのはありますよね。姑からしたら最愛の息子を盗られた憎き存在の人妻。つい嫌みの一つや二つ言ってしまうものなのでしょうか。しかしこれは嫁に行った以上は誰もが通る道で仕方のないもの。
どうしても耐えられないのなら間にいる夫に早めにうまく入ってもらうのがいいそうです。特に長男の嫁は老後の介護などが待っているため、結婚する前に姑とうまくやっていけるか人間性をみておく必要があるそうです。
あと姑が何らかの宗教に入っている場合、これもやっかいだそうです。一般の家庭とはまた違う問題も宗教絡みになってくると多少はあるようですね。宗教に関しては良い悪いは個人の自由ですが、それを相手に強要するのは人としてダメな事ですよね。
良い距離を保ちつつ、関係を深めていくこれが一番ですがなかなか嫁姑となると一筋縄ではいかないようですね。
良好な関係を深める方法の一つに姑の誕生日や母の日などのイベントには必ずお祝いをしてあげたりするのが良いそうです。
ただし自分は出しゃばり過ぎないであくまで人妻の夫や子供からしてもらって自分は裏方に回るのがいいそうです。
色々とめんどくさいですが、姑とはうるさいものと思って頑張るしかない様ですね。

017.jpg